入電予測

Omnia LINK で蓄積されたコールデータから、入電予測をすることができます。

機械学習

Omnia LINK を使用すると、過去のコールデータが蓄積され、さらにそのデータが増加していくことにより、入電予測が可能になります。
数値予測を行なうための学習データを整理する必要はなく、Omnia LINK を使用して、日々の運営を行なっていくだけで、将来の入電数の予測が可能になります。

BigQueryを使用

入電予測には、Google Cloud Platform™のBigQuery等を使用しており、世界最高レベルでの処理が可能です。

Omnia LINK 使用以前のデータの活用

既存のテレフォニーシステムに存在するデータは、データフォーマットの加工により学習データとして使用可能なものであれば、Omnia LINK に取り込みが可能です。

watchoverで予測データの閲覧

SV用管理画面watchoverで入電予測数値を確認できます。エクスポートにも対応しているため、様々な運営計画に活用することができます。