Omnia LINK とは

Omnia LINK のコンセプト・特徴・活用シーンについてご紹介します

コンセプト

Omnia LINK(オムニアリンク)は、クラウド型IP-PBXを基盤としたコールセンター向けトータルテレフォニーソリューションです。基本の通話・管理機能はもちろん、AIを利用した通話音声のリアルタイムテキスト化や入電予測、FAQリコメンデーションなど次世代機能を提供します。

Omnia LINK は、Google Cloud Platform™上で稼動するため、機能の拡張や、複数拠点運営にもフレキシブルに対応できます。

Omnia LINK

特徴

トータルソリューション
色々な製品を組み合わせる必要なく、コールセンターに必要な機能が全て内包されています。
AI機能搭載
Google Cloud Platform™のAI機能を搭載。⾳声認識によるテキスト化をリアルタイムで処理することが可能です。
コールセンターエージェンシーの強み
ビーウィズの様々な受託業務における現場の課題やニーズに全て対応することで磨き上げてきました。

機能一覧

活用シーン

複数拠点

Omnia LINK なら、拠点を越えた増設対応もコストや手間を抑え効率的にできます。新しいセンターの設置や、サテライトセンターにも対応可能です。またビーウィズの拠点を、繁忙時やBCP対応等で自社センターと同様の仕組みを持った第2センター(アウトソース)としてご活用いただくことも可能です。

複数拠点活用シーン

単一拠点

Omnia LINK は、導入費用を安く抑えられるため、小規模のセンター運営にも適しています。また今後、段階的拡大を計画されている場合でも、1ヶ月単位でラインセンス数を増やせるため、状況の変化に柔軟に対応することができます。

単一拠点活用シーン

導入事例

「Omnia LINK」導入でコスト最適化に貢献 新しいウィンドウで開きます

保険代理店業を展開するクライアント様では、これまでお使いになっていたコールセンターシステムの老朽化が進んでいたことで、今後見込まれる保守コストの上昇を課題と感じていらっしゃいました。Omnia LINKをご導入いただいたことで、保守コストの抑制に成功。窓口別レポートによる正確な入電数把握により、これまでより最適な要員予測が可能になりました。

  • GoogleおよびGoogle Cloud Platform™、Google Cloud Speech APIは、Google LLCの登録商標または商標です。